結び方いろいろ・・・

HOME   |   豆知識   |   サイズ   |   基本の結び方   |   ふろしきバック   |   サイトマップ   |  

豆知識

 

”ふろしき”はなぜふろしきというかご存知ですか?

昔、ふろしきは銭湯などで、使われていたからだそうです。
銭湯などで、着替えを持ってきたり、脱いだ衣類を包んでおくのに使われていたといいます。
さらには、床に敷いて、その上で着替えていたともいわれています。
お風呂で敷くもの。つまりふろしき。
そこからふろしきと呼ばれるようになったようです。

いまだに結構、近所の銭湯に行くとおばあちゃんやおじいちゃんが風呂敷に色々と包んで持ってこられる姿が見られます。洗面器ごと包んでいる人もいますね。

江戸時代には、呉服屋さんなどが、自分のお店の屋号などをふろしきに印字して、商品を運搬していたそうです。 今でいう紙袋の役割ですね。
ブランドのロゴの入ったショップバッグ。これが風呂敷だったら粋ですもんね。
最近ではエコでロゴ入りのエコバッグや、風呂敷を活用しているブランドもあります。
昔の知恵の良さが見直されたんですね。

のれんとか、ふろしきとか。もともとの所から発展して、新しい使い方。役割が生まれる。
それって物の始まりは全ておなじ。
これからもどう変化していくのだろうか。ふろしきの未来が楽しみです。