結び方いろいろ・・・

HOME   |   豆知識   |   サイズ   |   基本の結び方   |   ふろしきバック   |   サイトマップ   |  

作法

  

風呂敷を使って物を包む際、「平包み」が最も基本的な包み方です。
結ばずに包むので簡単ですし、特に結婚祝いなどの
改まった贈答用の包みには結び目は作りません。

包み方

これは結び目を作ってしまうと解かなくてはならなくなり、
「結びを解く」という縁起が悪い所作とされているためです。

それ以外の季節のご挨拶などの場合は、「真結び」と呼ばれる、
仕上がりが華やかで美しい横結びにしましょう。

結び目が縦になる「縦結び」はゆるみやすく、きつく結んでしまうと
解きにくい結び方で、見た目も良くありません。

平包み

また、お祝事や季節のご挨拶で訪問する場合は、おめでたい柄や
派手な柄ものでも構いませんが、お悔やみや法事の場合は、
紫やグレーの無地のものを選ぶのが作法です。

菓子折りなどの品物を包んで持参した場合、まず出された座布団に
座る前に渡すのが作法とされています。

座布団の左側に正座し、風呂敷に包んだ品物は更にその左側に置きます。
そして訪問の挨拶が済んでから品物を風呂敷から出し、相手に品物の正面を向けて
両手で差し出し、お礼やお祝の言葉を添えて押し進めるのが作法で、
風呂敷は軽くたたんで手元に置きます。

間違っても風呂敷のまま渡してはいけません。