結び方いろいろ・・・

HOME   |   豆知識   |   サイズ   |   基本の結び方   |   ふろしきバック   |   サイトマップ   |  

風呂敷バッグ

  

昔から日本で使われ続けている風呂敷は、包みの文化の象徴とも呼べる存在です。
しかし昨今では包むだけでなく、バッグに利用したりタペストリーとして飾ったりと、
さまざまな使用方法があります。

とくに風呂敷バッグはその種類も豊富で、代表的なリーフ包みやボストンバッグのような
ボストン包み、取っ手部分をねじってあるのが特徴的なツイスト包みやクレープ包み、
巾着包みなどの包み方のバックがあり、さらには風呂敷二枚を使ったリュックなども
作成することが可能です。

また取っ手部分を布で作らず、別売りの取っ手やリングなどを使用しても
アレンジが効いて素敵ですし、リングや取っ手は風呂敷と一緒に
セットで売られていることもあります。

このようにさまざまな包み方の中から、その時の服装や用途に合わせて使い分け、
自由にアレンジしておしゃれを楽しむと良いでしょう。

また鞄の中に入れておき、いざというときに取り出して、
バッグとして使うというのも良さそうです。